社名変更によせて

ホーム > 社名変更によせて

メッセージ

大阪運輸振興株式会社は、平成26年4月1日に社名を大阪シティバス株式会社に変更いたしました。

弊社は昭和63年6月に大阪市交通局が運営する地下鉄・ニュートラムの駅業務等を受託する外郭団体としてスタートし、平成14年4月には市バス営業所の管理業務を受託し、以降、12年にわたり市バス運行の一翼を担ってまいりました。

その後、市バス事業の民営化の議論がなされ、平成25年5月に民営化の譲渡先として弊社を活用する方針が示されることとなりました。

弊社といたしましては、市バスの後継事業者を目指して、外郭団体の甘えを捨て去り、安全輸送とより良いサービスを提供し、自立したバス会社として生まれ変わるため、様々な改革に取り組み、この度、改革実現の象徴として、社名を変更する運びと相成りました。

大阪シティバスという社名には、将来にわたり、地域に貢献する会社として、市民の皆様、市バスをご利用のお客さまに親しまれ、信頼される会社になりたいという思いとともに、市バスを引き継ぐとの強い決意を込めています。

社名変更を機に、自立したバス会社として新たに船出し、安全を最優先に、さらなるサービス向上に努め、後継事業者として、今後の社運の発展と飛躍を遂げるため、引き続き改革に邁進してまいります。

平成26年4月1日
代表取締役社長 木田 俊郎

メッセージ

つなぎます 人・街・未来を
私たちの企業活動が、人と人、街と街、そして人と街をつなぎ、そのつながりを未来にもつないでいく、そんな役割を果たしたい、という願いを込めています。

ボーダー